【2019版】ペニス増大サプリ精力剤 効果比較ランキング

目次

【人気の精力剤/ペニス増大サプリ】効果分析ランキング2019

『すぐに中折れして、気持ちよくイケない・・・
『サイズ的にも回数的にも、彼女を満足させられないのではと不安・・・

そんな悩みのある男性は、案外多いのではないでしょうか?

そんな時に頼みの綱となるのが、「精力剤・ペニス増大サプリ」です。
しかし、精力剤の類は無数にあって、初めての人には結局どれが良いのか分かりませんよね。

そこで今回は、サイト管理人が膨大な数の精力剤のパッケージ表記を徹底分析し、実際に試して効果が高かったものを3つに絞り、ランキング形式にまとめました。

どれも、成分、効果、安全性に信頼のおけるものばかりです。
本当に効果のある精力増大サプリメントで、あなたの自信を復活させましょう!

精力剤で自信復活

 

本当に効果のある精力剤選びの重要ポイント3つ

「2019年版おススメ人気精力剤ランキング」を紹介する前に、当サイトのランキングの決め手になった、「本当に効果のある精力剤選びのポイント」について解説します。

ポイント1|効果の高い成分がしっかり配合されている

精力増強成分イメージ

精力剤選びで肝心なのは、配合されている成分です。価格やイメージで選ぶのは間違いのもとですから気をつけましょう。
有効成分が主原料として配合されているかが重要なのです。

特に「シトルリン、アルギニン、マカ、亜鉛、トンカットアリ」などの成分は、精力剤に配合されている成分として高い効果が期待でき、血流改善、精子の生成、男性ホルモンの分泌促進などに効果的です。

ポイント2|国産で安全性が高い

国産日本製

サプリメントは口に入れるものなので、安全性が高いことが何より大切です。
いくら効果があっても、どんな成分が入っているのか不明確なのでは、安心して飲むことができません。
日本製であれば国内の製造基準のレベルが高いので、安心安全なサプリメントとして出回ります。
しかし、海外では製造基準があいまいで、日本に比べるとかなりいい加減なチェックで済ますケースも少なくありません。
先進国でも日本ほど厳しい審査がないこともあるくらいなので、開発途上国ではなおさらこの傾向が強いため、あまりおすすめできません。
このため、できれば海外製品を避け、国内生産のものを選びたいものです。

海外製の精力剤は、含有成分の原産地が不明だったり、医薬品成分が配合されていたりして、副作用のリスクが高いのが大きなデメリットです。
サプリメントには医薬品の成分は使えないことになっていますが、医薬品成分を使えば効果が高いので、海外ではこっそり混ぜているケースもあります。
そうなると当然、副作用の心配も出てきます。
また、成分の原産地が不明だったり成分の製造過程が明らかでない場合も多く、原材料にどんな不純物や有害物質が混入しているかわからないことも少なくありません。
このように、海外製には不透明な部分が多いく、サプリメントは口に入れるものだけに注意が必要です。

海外製品は価格も安く、効果が高そうなイメージがあるかもしれませんが、あまり良い情報がないのが実情です。

日本には、

「GMP」という、工場を安全に維持管理するための「製造工程管理基準」があるのですが、今回のランキングで選び抜かれた精力剤は、全てGMP認定の工場で製造された安全な精力剤ばかりです。

ポイント3|コスパ(費用対効果)が良い

費用対効果

精力剤の価格はピンからキリまであります。
高いものになると1箱2万円以上することもありますが、残念ながらお値段ほどの効果が得られない低品質なものも多いのが現状です。

即効性が見込める反面、副作用の強い「医薬品指定の勃起薬」と違い、精力強壮剤は、3ヶ月、半年と、毎日服用し続けてこそ、体(ペニス)の芯から改善する効果があらわれるものなので、飲み続けやすい手頃な価格、コスパの良いものであることが大切です。

 

当サイトの独自調査の結果、数多く出回っている商品の中から勝ち抜いて、ランキングのトップ3入りした商品は、上位に入るだけの根拠がしっかりありますので、それをこれから解説して参りましょう。

また当然コスパも良い商品のみに限定してします。

(また、定期購入縛りのある商品は、購入者に優しくないという理由でランキングから外しました)

 

【調査厳選!】実力派の人気精力剤・ペニス増大サプリベスト3

精力増大サプリbest3

当サイトでおススメする、実力派の精力剤は次の3銘柄です。

 

1位

2位

3位

商品名

ベガリア

ベガリア

 

ゼノシード

ゼノシード

 

ヴォルスタービヨンドブラスト

ヴォルスタービヨンド

精力&勃起力アップ度

 

ペニス増大パワー

 

速効性

× ×

販売価格(最安値)

14,969円(税込)

12,830円(税込)

12,800円(税込)

内容量

(1日あたりの粒数)

120粒(4粒)

30粒(1粒)

120粒(4粒)

コスパ

◎+

注目ポイント

シトルリンをベースに、それをサポートする重要成分約40種類を絶妙なバランスで配合!

無駄な成分を配合していない、着色料や賦形剤など不要な添加物を一切含んでいない

「2018年上半期売上NO1」ヴォルスター・ビヨンドが大幅リニューアル!

公式ページ

ベガリア公式サイト ゼノシード公式サイト ヴォルスタービヨンドブラスト公式サイト

 

それぞれの特徴を、順に解説していきましょう。

 

一位

人気ランキング1位|ベガリア

ベガリア

当サイトで各視点から総合的に分析した結果、2位のゼノシードを引き離して最高ポイントを獲得したのが「ベガリア」です。

ベガリアの特徴として、

 

「配合成分のバランス」「多すぎない成分数」「1日あたりの摂取目安量」が徹底的に考え抜かれている
・1箱につき397mgのカプセルが120個包装されており、30日間で1箱を消費すると仮定するならば、1日当たり「4カプセル1,588mg」を摂取する事が可能
・シトルリンをサポートする重要成分約40種類を絶妙なバランスで配合

といったものがあります。

 

とりわけ特徴的なのは、「海外の増大研究の結果を元に、選ばれた成分のみを配合している」という点です。

ただ何となく「効果がありそうな成分を入れておく」のではなく、最も効率的に効果を発揮するように考えられているのです。
しかも、配合する成分量も徹底的に考慮されており、すべての点でバランスが取れているからこそ、確かな効き目があるのです。

ベガリアには、約40種類の選び抜かれた成分が配合されています。

これらが相乗的に働き、より効果を増すというわけです。

ペニス勃起力

ペニス増大や精力増強に効果的な主な成分と、その効能は以下の通りです。

成 分

主な働き

シトルリン

血管拡張、血流改善

アルギニン

成長ホルモン・男性ホルモンの分泌促進

オルニチン

シトルリン・アルギニンの働きをサポート

ビタミン類

抗酸化作用

アカガウクルア

勃起力アップ、ED改善の期待

トンカットアリ

性欲アップ、精子量を増やす

マカ

滋養強壮

亜鉛

精子、精液の原料

ペニス増大/硬さ&勃起力アップに効果的な成分

シトルリン、アルギニン、オルニチン、ビタミン類

ペニスの硬さをアップして増大させるには、ペニスの海綿体に血液が大量に流れ込むようにするのが重要なポイントです。

海綿体に血液が満たされることで、太さやハリが出てきます。
血流量が多ければ、ペニスもカッチカチに硬くなるというわけです。

 

シトルリンやアルギニンは、ペニスへの血行促進に不可欠な成分です。
さらに、オルニチンはこれら2成分の作用をサポートする働きをします。

「シトルリン・アルギニン・オルニチン」この3つの成分の相互作用により、増大効果が期待できるのです。

増大ペニス

精力増強に効果的な成分

アカガウクルア、トンカットアリ、マカ、亜鉛

アカガウクルア、トンカットアリ、マカは希少性が高く、比較的高価な精力剤に使用されることの多い成分です。

例えば、アカガウクルアは「天然のバイアグラ」と呼ばれ、タイでは古来より勃起薬として使用されているハーブです。

また、マカは必須アミノ酸など栄養がとても豊富で、疲労回復、精力増強に、
さらに、現代人に慢性的に不足している亜鉛も多く含まれており、精力アップに寄与します。

亜鉛は、精力増強だけでなく「男性不妊・精神安定・免疫力アップ」など、多くの効能が期待できるので積極的に摂りたいミネラルです。

ベガリアには、主成分であるシトルリンとサポート役の各種成分が、絶妙なバランスで配合されています。

たとえるなら、

「守護神シトルリンと、これをサポートする武神たち」といったところでしょうか。

こうしてみると、

やはりベガリアの完成度は群を抜いているといわざるを得ません。

 

⇒ベガリアの詳細・購入はこちら

 

二位

人気ランキング2位|ゼノシード

ゼノシード

ゼノシードは、20代~60代まで幅広い層に支持されている、人気の増大サプリです。

ゼノシードは、ペニスが小さい、精力減退が気になる、勃起しづらくなった、などといった悩みの解決に効果的といわれていますが、その秘密は配合されている成分にあります。

ここからはゼノシードに配合されている成分について、分かりやすく解説します。

 

ゼノシードに配合されている成分は、次のような効果を期待することができます。

成 分

主な働き

L-シトルリン

血管拡張、血流促進

L-アルギニン

成長ホルモン、男性ホルモンの分泌

トンカットアリ

滋養強壮、性欲向上

マカ

精力増強

すっぽん

滋養強壮、精力増強

亜鉛

精子の形成

アカガウクルア

疲労回復、勃起力アップ

ムクナ

男性ホルモンの活性化

ガラナ

性欲アップ

ペニス増大に効果的な成分

シトルリン、アルギニン

シトルリン、アルギニン

シトルリンとアルギニンは、「血行促進」「成長ホルモンの分泌促進」に寄与し、ペニス増大にとって不可欠な成分です。

血行促進

「シトルリン」と「アルギニン」には、血管を拡張し、血行を促進する作用があります。
勃起は、海綿体が血液に満たされることで起こりますが、この2成分によって血液が大量に流れ込むと、ペニスがパンパンに膨らみペニス増大効果や勃起力アップが期待できるわけです。

成長ホルモンの分泌促進

アルギニンには、「成長ホルモン」の分泌を促す作用があります。
成長ホルモンは身体の成長に寄与するので、身体の一部であるペニス増大(ペニスの成長)のサポートもしてくれます。

大人になってから分泌される成長ホルモンは、身長や骨格以外の部位(筋肉や髪、その他の組織)が成長しやすくなるといわれており、ペニス増大効果も期待できるのです。

成長ホルモンは成長期の子供だけに必要なのではなく、大人になってもスポーツで筋肉をつけたいときなどに欠かせません。
大人になって大量に成長ホルモンが分泌されれば、筋肉だけでなく体のいろんな部位に作用して成長を促します。

ただ、ゼノシードはベガリアのようにオルニチンが配合されていないので、「シトルリン・アルギニン・オルニチン」の相互作用が期待できないのが難点です。

また、カプセルの総量もベガリアの120粒と比べると30粒と少ないため、そういう点でもベガリアよりパワー不足の面があると言えそうです。
ベガリアは1日の推奨摂取量が4粒ですから、1日分が1粒のゼノシードに比べると、ベガリアは単純計算で4倍の成分量を配合できることになります。
これだけ用量に余裕があれば、必要な成分を必要なだけ配合することが可能です。
これは効能と直接関係することではありませんが、有効成分がより効果的に作用することを考えると、1日に飲むサプリメントの数まで考慮する必要があります。
それができているのがベガリアであり、できていないのがゼノシードです。
この点でも、ゼノシードよりベガリアのほうが1点リードしていると言えるでしょう。
「たったそれだけのこと?」と言う人もいるかもしれませんが、飲む人の立場になって考えれば、当然考慮すべきことです。
その当然のことができているメーカーと、できていないメーカーにはおのずと差が出てきます。

 

精力増強に効果的な成分

トンカットアリ、マカ、すっぽん

トンカットアリ

トンカットアリ、マカ、すっぽんは、精力剤ではおなじみの成分です。

どれも精力アップに効果があるとされていますが、それは「栄養素の豊富さ」に関係しています。

例えば、マカには「必須アミノ酸」「ミネラル」「ビタミン類」「食物繊維」などの栄養成分が、バランスよく含まれています。

これらの栄養成分の相互作用によって、マカには「勃起力アップ」「集中力アップ」「疲労回復」「ストレス緩和」などの効果があるといわれているのです。

 

勃起力向上に効果的な成分

アカガウクルア、ガラナ、ムクナ、亜鉛

ガラナ

アカガウクルア、ガラナ、ムクナ、亜鉛は、男性機能の向上に効果を発揮する成分です。

例えば、アカガウクルアの場合、ED薬(バイアグラ)のような作用をするとして、世界中から注目されている成分です。

また、亜鉛、ムクナは、男性ホルモンの活性化・分泌促進作用があります。
男性ホルモンには男性機能を高める働きがあるので、「勃起が維持できない」などの悩みの改善にも役立つというわけです。

特に「医薬品にまでは頼りたくない」「副作用のリスクが心配」という人には、おススメの成分です。

 

⇒ゼノシードの詳細・購入はこちら

 

三位

人気ランキング3位|ヴォルスタービヨンドブラスト

ヴォルスタービヨンド

ヴォルスタービヨンドブラストは、人気のペニス増大サプリ「ヴォルスタービヨンド」を、2019年の5月に大幅リニューアル させたものです。

まず最大の注目ポイントとして、

・L-シトルリンの配合量が、旧商品24,030mg⇒31,290mgへと、 130%アップ
・L-アルギニンも、旧商品8,460mg⇒12,630mgと 149%アップ
・カプセル総量 旧商品90粒⇒ 120粒に増量

この3点は旧商品との比較において外せないでしょう。

成分表記分析の結果を見ると、「シトルリン+アルギニン+山芋抽出物」が中心の印象を受けますが、他にも

動物系成分 19種⇒39種
植物系成分 27種⇒157種
ビタミンンミネラル系成分 15種⇒40種

へと、旧商品には無かった成分も新たに170種以上も盛り込まれ、大幅増量されています。

シトルリン+アルギニンに加えて、山芋に含まれるジオスゲニンを主成分としたジオパワー15も旧商品から引き継がれており、黒コショウから抽出されるヒペリンの含有率を95%に高めたバイオペリンも配合されています。

ただし、旧商品にふんだんに盛り込まれていた「トンカットアリエキス末(原材料として非常に高価)」「マカ」「オルニチン」など精力増大には必須の重要成分は、成分表記を見る限り量が減ったのは確実で、そこが大幅なマイナスポイントとなり、総合ポイントでも3位に留まる結果となってしまいました。

成分数が大幅に増えたのは決していいことではありません。
なぜなら、サプリメント1錠には限られた量しか入らないため、そこに数多くの成分を詰め込むと、1つ1つの成分量はごく微量になってしまうからです。
どんなに有効な成分でも、微量しかないのでは効果を発揮することはできません。
だから、成分数を増やすのは多くの場合マイナスでしかないのです。
また、旧商品に比べて必須の成分量が減ったという点については、改良ではなく改悪と言わざるを得ないでしょう。
これでは、どう見ても新商品のほうが効能が下がっています。

(これは後半部分で更に掘り下げて解説します)

 

配合成分解説

<主成分はL-シトルリン、L-アルギニン>

今回の目玉は大幅増量と成分種類の増加ですが、主成分L-シトルリン、L-アルギニン、亜鉛の3種類で変化はありません。

しかし、1日あたりの摂取目安量はL-シトルリン1,395mg→1,876mg、L-アルギニン282mg→421mgへと増量されています。(亜鉛は12mgで変化なし)

その他の配合成分として、旧製品にも配合されていたジオパワー15、バイオペリンはそのままに、新たに加わったのがアミノシール、アストラジン、喜寿気麗と称する和漢生薬8種類です。

<精力絶倫のシンボル・オットセイ由来のアミノシール>

アミノシールとは健康食品素材の商品名で、「オットセイから抽出された良質のタンパク質」が主成分です。オットセイといえば、数十頭から100頭ものメスに対して1頭のオスが君臨する「ハーレム」の習性を持つことで知られています。そのため、オットセイの睾丸などが古くから精力剤として珍重されてきました。

アミノシールの主成分であるオットセイ由来のタンパク質の正体は「オットセイ骨格筋加水分解物」のカロペプタイドというアミノ酸とペプチドの混合物です。かつて慶應義塾大学医学部で研究され、「抹消血管を拡張し、血液の流入を亢進する」という報告がされているようですが、この研究は1967年のもので、その後カロペプタイドの文献は見当たりません。

カロペプタイドは、オットセイの筋肉の中に多く含まれる成分です。
良質な蛋白質で、健康増進効果があります。
オットセイの骨格筋を加水分解する途中で臭いや苦みなどを取り除き、効率よくカロペプタイドを抽出することができます。
カロペプタイドは医薬品や化粧品、健康食品などに幅広く使われる成分です。
その中でも、特に精力剤系のサプリメントに使われることが多い成分でもあります。
カロペプタイドは蛋白質の一種ですが、他の蛋白質とどう違うのでしょうか。
アミノ酸には必須アミノ酸と非必須アミノ酸があります。
必須アミノ酸は体内では作れないアミノ酸で、すべて食物から摂取しなければならないアミノ酸です。
必須アミノ酸は9種類ありますが、カロペプタイドには、9種類すべてのアミノ酸が含まれています。
だから、他のアミノ酸と違って格段に効果があるのです。

なお、カロペプタイドは大和薬品の「オットピン爆精粒・液」に主成分として配合されています。

オットセイ

ところで、ペプチドとはどのような成分なのでしょうか。
蛋白質は約20種類のアミノ酸が結合してできたものですが、その組み合わせは10万種類にもなるといわれています。
私たちが蛋白質を摂取するには、肉や魚を食べてそのまま自分の体に取り込むのではなく、一旦アミノ酸に分解して体内で蛋白質に再合成して使っています。
ペプチドは、蛋白質がアミノ酸まで分解される手前の状態を保っています。
つまり、まだいくつかのアミノ酸がつながった状態で、消化酵素の働きによってアミノ酸に分解されて体内に吸収されていくのです。
アミノ酸が2つつながっているとジペプチドと呼ばれ、3つならトリペプチド、10個前後ならオリゴペプチドと呼ばれて区別されます。
ペプチドは非常に種類が多く、私たちの体内で健康維持のために活躍しています。
蛋白質とアミノ酸の中間的な物質であるペプチドには、蛋白質にもアミノ酸にもない性質があります。
特に生理活性ペプチドと呼ばれる成分には、血圧降下、抗酸化、ホルモン生成、神経伝達、免疫機能調節、コレステロール低下、ミネラル吸収促進、抗菌作用などといった重要な働きがあり、健康維持と滋養強壮のためにぜひ摂取したい成分なのです。

<シトルリン・アルギニンの吸収を高めるアストラジン>

AstraGin?(アストラジン)はニューヨークに本社を置く原料メーカー・メイプロインダストリーズの登録商標で、黄花黄耆(キバナオウギ)と田七人参(デンシチニンジン)という生薬を等量配合した製品です。

黄花黄耆はオウギの名前で知られる生薬で、フラボノイドやサポニンを主成分としています。オウギの効能は滋養強壮、免疫力の向上、胃腸虚弱などで人参と並ぶ補気薬の代表的な生薬ですが、効果効能をうたわなければ食品として利用可能です。

田七人参は別名を三七人参(サンシチニンジン)といい、オタネニンジン(高麗人参、朝鮮人参)と同じウコギ科の生薬です。ニンジンは古くから生薬の中でも上品として珍重され、滋養強壮をはじめとする万能薬として知られています。
ちなみに、オタネニンジンの名前の由来は、御種(おんたね)からきていると言われています。
江戸時代、朝鮮人参は現代と同様に高級品だったため、日本各地で偽物が出回り始めました。
そこで、偽物を撲滅するために徳川幕府が自ら朝鮮人参を育て、その種を分けて普及させたことから、オタネニンジンと呼ばれるようになりました。
ちなみに、普通に料理に使うニンジンが日本に入ってきたのは明治になってからで、朝鮮人参に似ているところからその名がついたと言われています。
てっきりニンジンが先だと思っていたのに、実際は朝鮮人参のほうが先に日本に渡っていたわけです。

 

⇒ヴォルスタービヨンドブラストの詳細・購入はこちら

 

ベガリア・ゼノシード・ヴォルスタービヨンドブラスト、勝敗を分けた理由

ベガリアゼノシードヴォルスタービョンド勝敗

ここまで「ベガリア」「ゼノシード」「ヴォルスタービヨンドブラスト」3商品の特徴を紹介してきましたが、この情報だけでは、まだ「どれが一番自分に良いかイマイチ分からない」という人も多いことでしょう。

そこで今度は、この3商品を「コスパ」と、成分分析から導き出された「効果期待値」を、それぞれ徹底比較し、各ポイントを算出して、最終的に勝敗を分けた理由まで全て解説致します。

 

価格(コスパ)で比べてみた

以下の表は、ベガリア、ゼノシード、ヴォルスタービヨンドブラストの通常価格と内容量、1日あたりのコストの比較をまとめたものです。

 

ベガリア

ゼノシード

ヴォルスタービヨンドブラスト

通常価格

(1箱=1ヶ月分)

14,969円(税込)

12,830円(税込)

12,800円(税込)

内容量(1箱)

120粒

30粒

120粒

飲み方(1日)

4粒

1粒

4粒

1粒あたりの価格

124.7円

396円

106.6円

1日あたりのコスト

498.8円

396円

426.4円

表を見ると、「1粒あたりの価格」と「1日当たりのコスト」ではゼノシードがリードしているものの、内容量と1日の飲み方ではベガリアとヴォルスタービヨンドが1箱辺り120粒で互角

となっています。

つまりゼノシードの1日1粒と比べると、1日4粒のベガリアもしくはヴォルスタービヨンドは摂れる有効成分が多くなるという点が優れています。

そうなると、「1日あたりのコスト」ではなく、内容量が同じベガリアとヴォルスタービヨンドブラストの「1粒あたりの価格」で比較するのが、商品価格に対するコスパを算出するのには重要です。

これだけ見ると、

「あれ?ヴォルスタービヨンドブラストが最もお得に見えるけど、何で3位なの??」

と疑問に思う人もいるでしょう。

 

そうなんです。あくまで「内容量」や「1粒あたりの価格」で比較した場合、ヴォルスタービヨンドブラストが最もお得で1位となります。

しかし、いくらコスパポイントで1位でも、実際に効果が期待できない商品だったら、何の意味もありません。

この分析ランキングの指標は、コスパだけでなく「成分配合密度」分析による「効果期待値」より高ポイントに設定しています。

その結果、コスパポイント1位を取ったヴォルスタービヨンドブラストは総合ポイントで大きく順位を落とし、3位に転落してしまいました。

次の項目では、その「成分配合密度」分析による「効果期待値」について、解説していきましょう。

配合成分で比べてみた

当サイトのスタンスとして、利益優先でコストカットされた、中身のない商品は、間違っても総合ランキングトップ3として紹介する訳にはいきません。

そこで次は、メインの調査ポイントである、専門知識を必要とする「成分表記分析⇒配合成分密度」の結果をお伝え致します。

サイト管理人は、このランキンク記事を作成するにあたり、ランキング候補となる商品を全て購入し、各商品のパッケージにある成分表記を分析しています。

※その「具体的な方法」や「見極めポイントの解説」はテーマが異なるため、以下の別記事にまとめています。

⇒【粗悪サプリを見極める方法】成分表記の分析法

その中には、ヒドすぎる分析結果で、サイト掲載するなら叩くしか無いが、敢えて叩くためだけに載せるメリットもウチには無いので、スルーした商品も数多くあります。

商品比較を謳っておきながら、掲載商品が少ないという背景には、こうした理由がある事もご理解頂けると幸いです)

話を戻しますが、飲食料品が一定の品質以上であることや、特別な生産方法で製造されていることを保証する「JAS法」の表記ルールでは、より多く使用されている原材料から順に記載することが定められています。つまり、使われている成分の重量順に記載されているということです。

 

したがって、高品質のサプリメントを選ぶ基準は、表記の最初の方にペニス増大・精力増強に効果的な成分が配合されていることが、最低必須条件になります。

ただサプリメントの場合は医薬品とは違い、全成分を公開することは義務づけられておらず、各メーカーに任せられています。

しかし、この公開方法では、消費者にとって都合が悪いこともあります。
全成分を公開しなくてもいいということは、メーカーにとって公開して益になる成分だけ公開することもできるからです。
つまり、入っていることをあまり知られたくない成分は隠すことができるわけです。

だから、

都合の良い部分だけを公開している製品より、全成分を公開している製品のほうが、より信頼がおけることになります。

 

では実際に、ベガリア、ゼノシード、ヴォルスタービヨンドブラストのパッケージを比べてみましょう。

ベガリアの配合成分

ベガリア成分表記

ベガリアの表記部分を分析すると、体内でアルギニンに変換されるL-シトルリンをはじめ、アカガウクルア、L-オルニチン、トンカットアリ、マカ、亜鉛を主成分とし、他にもニンニク、イチョウ葉、ムイラプアマ、カンカニクジュヨウなど、男性にはおなじみの成分から生薬にも使用される原料まで約40種類を幅広くふんだんに配合しています。

中身が充実した、しっかりしたサプリメントであると、一定以上の知識のある人なら、一目で分かる成分表記です。

 

中でも高ポイントを獲得したのは、トンカットアリエキス末の表記位置です。オルニチンに次ぐ4番目という、とても良い位置に書かれているのが分かります。

トンカットアリエキス末は、精力増強/ペニス増大には必須の重要成分ですが、原材料の価格が非常に高いため、利益重視の業者は配合成分から外すか、申し訳程度にごく微量入れるだけというのがほとんどです。(※その場合、トンカットアリの表記位置は末尾になります)

成分表の最後の方には、セルロースやゼラチンなど、カプセルの材料となる賦形剤として使われる成分もしっかり表記してあるので、全成分を良心的に公開していることも高ポイントとなります。

 

⇒ベガリアの詳細・購入はこちら

 

ゼノシードの配合成分

ゼノシード成分表記

ゼノシードも、シトルリンやトンカットアリなど、ペニスに良い効果を与える成分が最初に記載されています。

ゼノシードの成分表記を見て、何より特徴的だと思ったポイントは、

・無駄な配合成分を一切含んでいない

・着色料や賦形剤など不要な添加物を一切含んでいない」

この2点です。

ゼノシードには、加齢によって衰えがちな男性ホルモンに活を入れてくれるトンカットアリ、マカ、アカガウクルアなどがバランスよく配合されています。

 

またゼノシードは、成分種類が少ないだけに、配合量が分散せず集中して働いてくれることが期待できます。

その一方で、ゼノシードはベガリアに含まれている「オルニチン」が配合されておらず、粒数も30粒と少ないため、パワー的に弱い感は否めず、やはりベガリアとは総合ポイントで多く差をつけられました。

_____________

なぜベガリアに配合されているオルニチンが重要かと言うと、オルニチンはシトルリンへと変換されますが、別の経路ではアルギニンからNOが産生された後、オルニチンを経ずにシトルリンに直接変換されます。そして、オルニチンやアルギニンから合成されたシトルリンは、そのほとんどがアルギニンにリサイクルされ、再び血管を拡張するNOを産生して勃起を完成させるためです。

_____________

⇒ゼノシードの詳細・購入はこちら

 

ヴォルスタービヨンドブラストの配合成分

ヴォルスタービヨンドブラスト成分表記

さて、いよいよコスパポイントで1位だった「ヴォルスタービヨンドブラスト」の成分表記説明と、「なぜ総合ポイントで大きく順位を落としたのか?」について詳しく説明しましょう。

まず、管理人がこの成分表記を見て思った第一印象は

「せっかく旧商品は良かったのに、色々詰め込み過ぎたために、結果的にバージョンダウンになっていないか・・・?」

という事でした。

⇒「パッケージ成分表記の分析方法」解説記事

でも書きましたが、大事なポイントなので引用します。

いかにも効きそうな名前の成分をずらずらと100種類以上書き並べてみても、実際に配合されている量がほんのわずかでは、勃起力アップやペニスの増大効果は望めません。1日の摂取量に制限がある中で、適正な量を配合するためには、成分の種類は多くても30~40種類程度がベストです。
実際に、勃起力アップやペニス増大のために働くサポート成分は多くても40種類くらいと言われており、それを超えて含まれている成分は、勃起力やペニス増大とは関係ない成分ということになります。
そのため、100種類、200種類と配合成分の多すぎるサプリメントは避けたほうが無難です。

 

ヴォルスタービヨンドの「旧商品」「新商品」それぞれの成分表記分析結果の印象は

 

・旧商品の特徴

厳選された成分かつ「トンカットアリエキス末」などの高価な成分も使われており、90粒という内容量ながら、120粒のベガリアと比較しても、成分密度や効果期待値においても、多少劣る程度の優良商品だった。

 

・新商品の特徴

・カプセル数や成分数を増やした中で、正直入れなくても良かった無駄な成分(普通の食事で十分摂れる)が大量に増えた代わりに、必須の有効成分量が減らされている

・シトルリン+アルギニン+山芋抽出物で構成されている

「シトルリン+アルギニン+山芋抽出物」以外の複合成分がどれくらい入っているか』が、最終期待値(優良商品)としての評価基準なのですが、亜鉛が公式サイトに1箱辺り360mgと記載があるので、1粒辺りは1/120で、3mgということになります。

 

これはどういう事かと言うと、亜鉛より下に記載されている成分は3mg以下、1日辺りの4粒でも12mg以下しか入ってないという事です。

特に勃起力アップやペニス増大には必須成分かつ原材料として大変高価なトンカットアリエキス末は、旧商品の表記位置に比べてかなり下に追いやられているため、恐らくほんの微量しか入っていないということが表記からわかります。

・またトンカットアリと同じく精力増強ペニス増大のための重要成分である、マカ、ムクナ、アカガウクルアなどは、18種類が1つになった動植物混合粉末の中の1つになってしまいました。※しかもデキストリン(デンプンの様なモノ)が4番目に表記されているありさまです。デンプンのような成分に勃起力やペニスを増大させる効果がないのは言うまでもありません。こんな成分が4番目という上位にあるということは、明らかに有効成分を減らしてごまかすためとしか思えません。ほとんどの人は表記をじっくり見ることはないので、それをいいことにごまかしをやっていると言われても仕方がないでしょう。

 

このように、パッケージ表記は

本当にごくごく微量でも100種類のうちの1つとしてカウントされてしまうことも、知っておく必要があるでしょう。
つまり、いくら100種類以上の成分が配合されていても、1日で必要十分量を摂ることはできないという事です。

 

あまり知られていませんが、シトルリンの原材料価格はそれほど高くありまん。そのため、今回のヴォルスタービヨンドのバージョンアップは、一見1.5倍のバージョンアップに見えますが、中身を細かく分析すると、

安価な成分で総量を増やした代わりに、高価な成分を減らし(内容量を薄めて)コストカット~ の利益重視路線に変更(バージョンダウン)」

 

という風にも見えてしまいます。これはおそらく、会社の経営方針からこのような転換がなされたものと推察されますが、旧商品の評価が高っただけに残念です。

表記の分析方法を知らない人には、一見すると旧商品より新商品の方が全然良く見えるかもしれませんが、実は旧商品の方が「勃起力アップやペニス増大効果」はずっと優れていた可能性が高いのです。

 

旧商品が良かっただけに、これほどまでに大幅な仕様変更の必要は果たしてあったのか? ・・・というより、ここまで根本を変更しまうと、「もはやヴォルスタービヨンドとは全く別の商品になってしまったのでは・・・?」

という懸念が拭えません。

 

いずれにせよ、ヴォルスタービヨンドブラストの現時点の分析結果はこのようになったため、コスパポイントでリードしながら、総合ポイントでベガリアはもちろん、ゼノシードにも抜かれ、3位に甘んじる結果となりました。
しかし、見方を変えるとコスパを上げるために、内容軽視でこのような変更に踏み切ったとも言えるでしょう。

 

個人的には少々残念な想いもありますが、それでもさすがは旧商品で一度は王者になったヴォルスタービヨンド、他の類似商品と比べるとまだまだ優位性を保っており、3位に無事ランクインできたという訳です。

※まだ発売から間もなくネットでの口コミもほとんどない為、リアル人柱実験をしたとしても本当の意味での効果をここで公開できるのは3~6ヶ月先になります。

 

(旧商品程の期待は持てずとも)決して悪い商品ではありませんので、人柱になりたい人は今すぐ購入しても全然良いと思います。

 

⇒ヴォルスタービヨンドブラストの詳細・購入はこちら

 

ベガリアは本当に必要な成分を厳選

ベガリア成分凝縮イメージ

べガリアの配合成分数は、ビタミン類を合わせても約40種類で、精力増強・増大サプリ系の中ではそれほど多くありません。

ヴォルスタービヨンドブラストのように100種類とか、それ以上の成分を配合したサプリと比較すれば、べガリアの配合成分数は少ないと感じる人もいるでしょう。

しかし、先ほど紹介したように、配合成分数が多ければ良いといわけではありません。

 

その点、べガリアは余分な成分を一切省いて、ペニスの増強のために本当に必要な成分のみを厳選して配合しています。

つまり、ベガリアの40種類は多すぎず、少なすぎず、ベストな成分数というわけです。

 

このように、ベガリア

・1箱120粒入りの大容量
・有効成分をたっぷり配合
・多すぎず少なすぎず、外してはいけない40種類の成分を厳選

 

しているのであり、コスパポイントでヴォルスタービヨンドブラストに僅かに負けながら、成分配合密度(効果期待値)ポイント圧勝、結果として総合ポイントでも圧勝の1位になったという訳です。

 

⇒ベガリアの詳細・購入はこちら

ベガリアがおススメのもう1つの理由

べガリアの研究を重ねた「黄金比率」

べガリアにはシトルリンとアルギニンのほか、多くの希少成分が、独自の研究結果に基づく「黄金比率」で配合されています。

その結果、「とりあえず効果のありそうな成分を入れました」というような精力剤より、圧倒的効率でペニスの海綿体細胞を活発にし、海綿体細胞を増やしてスムーズにペニス増大・精力アップ効果が発揮される訳です。

ちなみに、べガリアの効果の秘訣である「黄金比率」は、べガリアが成分特許を取得するまで非公開です。
他社が、いくらべガリアと同じような成分を入れて、似たような精力剤を作ろうとしても、肝心の配合比率が明らかでなければ、ベガリアほどの品質は作れません。

「配合量が不明だから効果が不安」という人もいると思いますが、消費者をごまかすために隠しているのではなく、こういった事情があるのは理解しておきたいところです。

「不明=ごまかし」と思ってしまいがちだし、ここまでの解説でもおわかりのように、ペニス増大サプリの業界にはごまかしも数多く存在しますが、成分特許を取るまでは隠すしかないというメーカーの事情もあります。
そうしないと、特許を取る前ならどこか他社が同じ配合比率で商品を作って販売しても、文句は言えないことになります。
これでは、心血を注いで黄金比率を導き出したベガリアの苦労が、水の泡になってしまうのです。

べガリアは「成分未調整」

べガリアは、元々アメリカ製のサプリメントですが、その成分比率を使用した製造販売権を日本で唯一取得し、国内生産⇒販売に至ったのがベガリアです。

海外製のサプリの場合、日本人の体格に合わせて成分量を調整(減量)するものが多いのですが、ベガリアの場合、成分量を減らすことはしていません。

これを「成分未調整」といいます。

大柄なアメリカ人に合わせて作られたベガリアが、そのまま日本人向けに売られているのですから、比較的小柄な日本人にとって、成分は十分すぎるほどたっぷり行き届くというわけですね。

べガリアは他社製品より効果が実感しやすいという声が多いのは、こうした事情も関係しているのでしょう。

逆に、「効きすぎても心配・・・」という人もいるかもしれませんが、それも大丈夫です。
いくら配合量が多いといっても、1日摂取量の上限をオーバーするほどではないので、副作用のリスクも心配することはありません。

(※1日推奨量の4粒を守らなかった場合はその限りではありません)

自信があるから透明カプセル&安心の保存料無添加!

ベガリアカプセル中身

サプリメントの中には、カラフルなカプセルのものも多くあります。
その中には、カプセルの色でごまかして、中身を分からなくする粗悪品も少なくありません。

しかし上記の写真を見て分かるとおり、ベガリアのカプセルは透明なので、(開かなくても)中身や配合成分の色を直接見ることができます。

ベガリアのカプセルの中身は白褐色ですが、これは主成分のシトルリンとアルギニンの白色と、天然成分の色が合わさったものです。

また、保存料として良く使用される安息香酸は、ビタミンCと反応すると身体に悪影響を与える可能性があります。

この点でも、ベガリアの成分表記からは賞味期限を延ばすための防腐剤のような保存料の類は1つも見当たりません。

 

精力増強、ペニス増大において、無駄なモノは全てカット、必要なモノは全力で配合!こういう製作側の気合&覚悟を、客観分析していて感じる商品は、正直滅多に出会えません。(悲しい話ですが・・・)

そういう意味でも、迷っている方は、まずベガリアを買っておけば間違いは無いでしょう。

ところで、カプセルの色について言えば、海外製のサプリメントにはカラフルな色が多用されている印象があります。
しかし、これはお国柄も多分に影響しています。
つまり、中身を見えないようにする目的ではなく、昔からカプセルをカラフルな色にするのが当たり前という国もあるということです。
この場合は、単なる慣例でそうしているということです。
だから、海外製のサプリメントに限っては、カラフルな色でもごまかす意図があるというのは必ずしも当たっていません。

⇒ベガリアの詳細・購入はこちら

まとめ

想定より長くなってしまいましたが、如何でしたでしょうか?

恐らく、トップ3商品の特徴、また3商品を比較した場合の、ベガリアの総合優位性が分かって頂けたと思います。

最後に、これまで紹介した「ベガリアの特徴」をまとめてみましょう。

ベガリアの5大特徴

・有効成分がカプセルにギッシリ!
・多すぎず少なすぎない厳選された40成分
・1箱120粒入りの高コスパ!
・アメリカ人並みの成分が摂れる「成分未調整」
・研究に研究を重ねた「黄金比率」

相当量の製品のパッケージ分析を行って来ましたが、精力増強・ペニス増大サプリ選びで迷ったら、現時点においては「ベガリア」を選べば間違いないでしょう。

とはいえ、そんなベガリアにも「欠点」があります。
それは、「即効性がない」こと。

ベガリアはあくまで分類上「サプリメント(栄養補助食品)」扱いなので、「飲んだらすぐに効果があらわれる」という性質のモノではありません。

ベガリアの悪い口コミを見ても、「効果がなかった」という人のほとんどが、服用して1ヶ月も経たずに結論づけてしまっています。

では、ベガリアの効果が実感できるまでの期間はというと・・・

・早い人:2週間~1ヶ月
・普通の人:3ヶ月
・遅い人:6ヶ月~

 

が目安です。

個人差があるものの、精力減退が著しい人、年齢を重ねた人ほど、効果があらわれるまでの期間も長くなります。

しかし、効果が一過性かつ副作用も激しいED治療薬と違って、一度精力を取り戻したらそのままの状態をキープできるのがベガリアの強みです。ここがサプリメントのメリットなのです。即効性がなくどうしても医薬品と比べると見劣りしがちなサプリメントですが、長期間服用しないと効かないかわりに、一度効くようになるとその効能が持続するという特徴があります。

 

このため、ペニス増大や勃起力アップなど本気で性機能を改善したいなら、最低2~3ヶ月は続けてみる必要があります。

ベガリアで身体の変化を楽しみながら、充実したセックスライフを送りましょう。

 

ベガリアカプセル

⇒ベガリアの詳細・購入はこちら

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

error: Content is protected !!