ページの先頭です。

kurubuのブログ

kurubuペーサーズ誕生!

2017.04.05 大会あれこれ

ペーサーってご存知ですか?
マラソンで大切なこと、それはいかにペースを乱さずに一定のペースで走るかと言っても過言ではありません。
早すぎるペースだともちろん駄目ですし、自己ベストなどを狙うなら遅すぎるペースも駄目。
でも同じペースで走るのって意外に難しいんです。

疲れてきたらペースは落ちますし、人によってはどんどんペースが早くなってしまう方もいます。
その早いペースで完走できれば問題ありませんが、マラソン、特にフルマラソンは自分の実力以上のペースで走って完走できるほど甘くはないのですね。

なので日頃から自分の最適なペースはどれくらいかを知り、そのペース通りに走れるようにする練習が必要になります。

とはいえレース当日は気持ちも昂ぶってるし、周りの人に煽られていつも以上に早いペースで走りがち。
そんなときに役に立つのがそう「ペーサー」なのです。

ペーサーとは決められた一定のペースを守り走り続けるランナーで、大阪マラソンなどの大きな大会で採用されています。
ペーサーが作るペースは、参加するランナーにあわせて用意されていて、
5時間を切りたい人は6分30秒のペーサー、4時間を切りたい人なら5分30秒のペーサーを選んで一緒に走るみたいな感じで活用されています。

ペースを守って走るのは先述した通り1人ではなかなかしんどいものですが、ペーサーについていけば、よそ見してても、鼻歌を歌っていても、ペースはキチンと守られるという、とてもありがたや〜な存在なのです。

なぜペーサーの話をしているか、それはね、
先日4月2日(日)に開催された「なにわ淀川ハーフマラソン」にkurubuがペーサーとして参加してきたからなのです!!

じゃじゃーん!KURUBUペーサーズ!

大会の主催者から「大会のクオリティーを上げるためにペーサーをいれたいんだが・・・」と問い合わせがkurubuにあり、それならkurubuのユーザーで引き受けましょう!と言ったのがキッカケ。
とはいえ先に書いた通りペーサーをやるのはなかなかしんどい。マラソン大会に参加した経験がある方ならわかると思いますが、早く走るわけでも、ゆっくり遊んで走るわけでもなく、ただ淡々と同じペースを刻み続けるというのは考えている以上に技術と神経を使います。

引き受けたは良いけど、集まるかなぁと心配もしていたのですが、さすがランニングステーションkurubu!(自分で言う!?)予定の倍以上の希望者が集まり、見事にペーサーを務めて参りました。

一番早いペースはなんと4分30秒/km!なかなか市民ランナーレベルではしんどいペースです!

 

5分/kmのペーサーも、

 

5分30秒/kmのペーサーも、

 

6分/kmのペーサーも、

 

そして7分/kmのペーサーもしっかりペースを刻んで、予定通りの時間でフィニッシュ!
いやー楽しかった!

練習ともレースとも違う緊張感、きちんと達成できたときの充足感!
これはなかなか味わうことが出来ません!皆さんのお役には立てたでしょうか。
是非またペーサーとして大会に参加したい!
大会の主催者はぜひkurubuまで依頼を。

kurubuペーサーズは赤いキャップ赤いビブスがトレードマーク。
どこかの大会で見かけたら、声をかけてくださいね♪

ちなみにちょっと遅れたペーサーもいました。
kurubuペーサーズとして、この場を借りてお詫び申し上げますm(_ _)m
本人も頑張ったので許してあげてくださいね!