ページの先頭です。

kurubuのブログ

海外マラソン:JALテントがすごく良いんです。

2018.04.12 大会あれこれ

前回のエントリーに続いて海外マラソンについてのブログなのですが、
海外マラソンにはスポンサー企業やツアー会社が用意するケアステーションテントがある場合があります。

ケアステーションテントとは何か。
それは指定の航空会社やツアーを使って大会に参加した方だけに提供される、
レース後のランナーの憩いの場なのです。

JALテント内の様子。 イスが嬉しい。太ももが悲鳴をあげていますから!

 

僕が今回参加したホノルルマラソン・ハパルア大会ではJAL便を使った方だけが利用できる、
その名もJALテントという施設がフィニッシュ地点にあります。

上の写真がJALテントの様子。広いです。1万人程度の参加数のハパルアですが、実に四分の一が日本人参加者。
その参加者を順番に収容できるスペースを確保してくれています。

まずイスが嬉しい。太ももが特にダメージが大きいので、レース後は座ったり立ったりが非常に煩わしいですが、
イスがあることでだいぶ緩和されます。
シートが敷いてあるスペースもあるので、寝転びたい方ニーズにもしっかり答えてくれていますよね。

この用意だけでも嬉しいんですが、

他にもたくさん嬉しいサービスがあるんです。

紹介していきましょう!


嬉しいサービスその①
ホットミール

走り終わったあと何を求めるか?それは食ですよね。
マラソンを終えた体は水分も塩分も、そして炭水化物も足りていません。
JALテントには嬉しいホットミールのサービスがあるんです。

まずは疲れた体に嬉しい揖保乃糸(高級ソーメン!)を使った「にゅうめん」。
暖かいのがまた体に優しいです。
そしてJALといえばビーフカレー!の準備もあるんです。
こちらのビーフカレーはお肉ゴロゴロで高級な感じでした。
その他にも・・・・・、


嬉しいサービスその②

フルーツや糖分の準備も!

ランナー御用達のバナナ!

バナナの隣にはりんご!まるかじりです。

セサミストリートみたいなクッキー!

その場で食べる予定がなくてもついつい持って帰りたくなるフルーツやクッキー。
心配り感がすごく嬉しいです。

 


嬉しいサービスその③

ドリンクも充実!

飲み物はウーロン茶に

みんな大好きコカ・コーラ!

お水はペットボトルでご提供です。

炭酸も飲みたいし、水も飲みたい。海外の食事でウーロン茶もあったら嬉しい。
そんなニーズに答えるラインナップ。

すごい!
大充実!


そしてさらに

アイシング用の氷も準備OK!

ホノルル熱いですし、コンディションを整えるには氷は嬉しいサービスです。

 

マラソン大会のあと、そして土地勘のない海外ということで、レース後はどうしたら良いか不安になったりもしますが、
JALテントのようなケアステーションがあるととても助かります。
ホっと一息ついて、表彰式を見学する余裕や、会場の雰囲気に浸る余裕が生まれますよ。

今回はハパルア大会のJALテントをご紹介しましたが、このようなケアステーションはツアーが組まれている大会によくあり、
サービス内容もそれぞれ異なります。
海外マラソンに挑戦する場合はチェックしてみてくださいね。

 

そして最後にもうひとつ!

トイレも専用で準備されています!

サイコーです!レース後に並ぶ必要が減りますよね。
今回は利用しませんでしたが、もちろん洋式でしょう。
洋式最高!