【シトルリン/アルギニンまとめ】効果、摂取量、食べ物とサプリ、副作用等

シトルリンアルギニン

効率的に精力増強・勃起力向上するには、「シトルリン」と「アルギニン」は絶対に欠かせません。

シトルリンとアルギニンは、精力剤(サプリメント)の紹介でよく目にする名前ですが、具体的にはどのような作用があるのか?

というとこまではあまり知られていません。

そこで今回は、「アルギニン/シトルリンの効果まとめ[摂取量、食べ物、サプリ、副作用等]」について、分かりやすくまとめました。

何も知らずに何となく摂取するより、効果を知ったうえで正しく摂取した方が、より効率的に精力増強・勃起力向上につながります。

ぜひ、参考にしてください。

シトルリンってどんな成分?シトルリンの効果・効能

まずは、シトルリンについて解説します。

シトルリンとは?

シトルリンとは、1930年に日本人によって野生のスイカから発見された、アミノ酸の1種です。

外国では発見後、間もなくサプリメントなどとして売り出されましたが、日本ではシトルリン配合のサプリメントが発売されたのは、かなり遅く2007年になってからでした。

これは、それまで高血圧や血栓・動脈硬化の治療のための医薬品扱いだったからなのです。

1930年に発見されたのに、2007年まで医薬品扱いだったということは、それだけシトルリンに高い効能があったことの証明ともいえるでしょう。
海外ではいち早く医薬品から除外されたので、すぐにサプリメントに配合可能となりましたが、日本では慎重にチェックを重ねた結果、ようやく2007年になって医薬品から除外されています。
それは、ほとんど副作用が確認されなかったからなのですが、それでいて医薬品としての成分の効能が高いので、シトルリンを配合したサプリメントは効き目があるのです。

シトルリンは、すっぽんやマムシ、マカ、亜鉛などの「精力アップ系」の成分にとって代わる画期的な成分で、多くの新しい精力剤に配合されています。

といっても、すっぽんやマムシ、マカ、亜鉛などは必要ないというわけではありません。
むしろ、これらの成分と一緒にシトルリンを配合したサプリメントも多く見られます。
実際にそれでかなりの効果も発揮しているので、これまで精力剤に活用されてきた成分と一緒に摂取すると高い効果が得られるでしょう。

シトルリンの効果・効能

ペニス増大・勃起力向上

ペニス増大

シトルリンは、「ペニス増大・勃起力アップ」に効果が期待できます。シトルリンは、体内でアルギニンというアミノ酸に変化し、その後またシトルリンに戻るという循環を繰り返します。

そのプロセスで、血管拡張作用のある一酸化窒素が産生されます。

一酸化窒素は勃起に欠かせない物質で、一酸化窒素が増加することで勃起力向上につながるというわけですね。

またペニス増大には、海綿体に流入する血液量を増やすことが必要です。ペニスの大半を占めるスポンジ状の海綿体は、血管の集まり。

つまり、流入する血液量を増やすことで、海綿体の血管が太くなり、ペニスのサイズアップにつながるというわけです。

シトルリンは、これら血管拡張作用血行促進作用によって、ペニス増大・勃起力向上に導いてくれるのです。

血管拡張作用はペニス増大にも勃起力アップにも不可欠です。
血管が拡張すると、体のさまざまな不調が改善されますが、勃起不全が治るのもその中の1つと言っていいでしょう。
なぜ血管が拡張すると体の不調が改善されるのかというと、血流が良くなることによって酸素と栄養が体の隅々まで行き渡るようになり、細胞の中に溜まった老廃物がスムーズに撤去されるようになるからです。
血流が悪ければ酸素も栄養も行き渡らず、細胞の老廃物も溜まりっぱなしですから、これでは体調不良になるのは当然のことです。
体のどこかに不調があると、勃起力が減退する傾向があります。
それは、体が不調を治すためにエネルギーを集中させるので、セックスにまでエネルギーが回って来なくなるからです。
体にとって、一番重要なのは生命維持ですから、それに一番エネルギーを費やします。
つまり、病気があると勃起力が落ちるということです。
セックスの優先度は生命維持より低いので、体に不調があると体調の改善が優先されるので勃起力までエネルギーを回す余裕がないのです。
風邪で高熱が出たときなど、ペニスがまったく勃起しなくなった経験は誰でもあるでしょう。これなどまさにその1例です。
たかが風邪くらいでも、それを治すためにエネルギーを集中させるので、まったく勃起しなくなるのです。
だから、もっと大きな不調があればなおさら勃起に影響します。
勃起力アップのために根本的な体質改善が必要なのはそのためなのです。
男性の体は、体質が改善され健康体になって初めて、勃起力に回せるエネルギーが確保できるのです。

精力増強

シトルリンは、精力増強効果も期待できます。シトルリンは勃起力向上のほか、アルギニンとほぼ同様の作用があり、脳下垂体を刺激して成長ホルモンの分泌量の増加に寄与します。

成長ホルモンは、成長期の子供だけに必要なのではなく、大人でも運動して筋肉を使う場合などは必要になるホルモンです。
脳下垂体の成長ホルモンの分泌量を調節する部分と、男性機能を司る部分が隣接しているため、成長ホルモンを活性化させると男性機能も活発になるという副次的な効果も期待できます。

また、男性ホルモンであるテストステロンの分泌も促進します。テストステロンは、性欲アップや精子・精液の産生など、男性機能に大きく関係しています。

テストステロンは男性が男性らしくあるために必要なホルモンで、これがあるおかげで筋肉質な男性らしい体型となり、男性らしい思考ができるようになります。
テストステロンは加齢とともに減っていきますが、中年男性のお腹が出てくるのも、テストステロンが足りないために男性らしい体型が失われたからなのです。
そして、テストステロンが減ると勃起力が減退していきますが、勃起は男性らしさの象徴ですから、テストステロンの減少により男性らしさが失われると勃起力もなくなるのは当然のことなのです。

筋トレ効率アップ(筋肉増強)

筋トレ効率アップ

次にシトルリンの効果として挙げられるのが、筋肉増強効果です。シトルリンは、より効果的に筋肉をつけたい人にピッタリのスーパーアミノ酸です。

筋トレを効率的に行う上で重要なのは、血流を良くし、アミノ酸や酸素をスムーズに巡らせることです。

その点、シトルリンには血管拡張作用があり、血流が改善されることで、筋肉をよりスピーディーにつけることができるようになります。

効率的に筋肉をつけるにはプロテインを飲むのが有効ですが、シトルリンを同時に摂取することにより、プロテインの効果をさらに高めることができます。

さらに、たんぱく質を摂り過ぎると、分解のプロセスでアンモニアが産生されますが、シトルリンにはアンモニアを体外へ排出するのをサポートする作用もあります。

この作用によって、疲労回復、二日酔い防止にも役立ちます。

アンモニアは毒性の強い成分ですから、なるべく早く細胞から除去して無害な尿素に変える必要があります。
尿素は尿として体外に排出されますが、アンモニアを無害化するのは肝臓にあるオルニチン回路です。
ここでも、シトルリンはアルギニンと協力してアンモニアの解毒作用をサポートしています。

シトルリンのその他の効果・効能

シトルリンには、血流改善や代謝アップ、ホルモン分泌の促進作用などがあるため、次のような効果も期待できます。

  • 生活習慣病改善
  • ダイエット
  • 冷え性改善
  • むくみ解消
  • 美肌、アンチエイジング
  • 育毛、抜け毛対策
  • 学習&仕事効率アップ

シトルリンは男性機能向上だけでなく、健康・美容面でも幅広く効果が期待できる成分なのです。

シトルリンには血管拡張作用があり、血流を改善する効果がありますから、こういった効能があるのはある意味当然と言えるでしょう。
たとえば、肥満は体の代謝が悪いのが原因ですから、血流が改善されることにより、代謝が良くなって痩せるのでダイエット効果が出てきます。
冷え性は末梢血管の血の巡りが悪いのが原因ですから、これも血管が拡張すれば解消します。
むくみも血流が悪いために体に水分が溜まる症状なので、やはり血流が良くなれば改善されます。
美肌やアンチエイジングも、血流促進により皮膚の代謝が良くなるので、肌が美しくなり若返り効果が出てきます。
育毛効果や生活習慣病が改善するのも同様の理由によるもので、学習や仕事の効率が良くなるのは、血管拡張により脳に行き渡る酸素と栄養が増えるからなのです。

アルギニンってどんな成分?アルギニンの効果・効能

アルギニン

次に、アルギニンについて解説しましょう。

アルギニンとは?

アルギニンは、1886年ドイツでマメ科の植物の芽から発見されたアミノ酸の1種で、肉類、魚類、豆類、乳製品などに豊富に含まれています。

ある程度の量は体内で産生できるので、「非必須アミノ酸」に類別されています。

アルギニンは、筋肉組織の増強や修復、免疫力アップなど、広い範囲で健康効果が期待できます。アルギニンは、滋養強壮成分としてエナジードリンクにも広く使われており、精力増強にとっても重要な成分です。

アルギニンの効果・効能

EDの予防改善

ED予防改善

アルギニンは、血管を拡張して血行改善するための一酸化窒素を生み出すのに必要なアミノ酸であり、ED(勃起障害)はアルギニンが不足することで発症します。

つまり、不足したアルギニンをカバーすることで、ED改善にもつながるわけです。

また、高血圧や高脂血症、肥満やタバコ、ストレス、動脈硬化などによって体内のアルギニンの量が低下することにより、EDの症状が進行します。

このため、

アルギニンを十分カバーすることで、ED予防改善効果があることが研究によって分かっており、特に中年以降の男性にとって重要な成分です。

勃起力向上・精力増強

ペニス勃起力アップ

勃起時の硬さは、海綿体に流入する血液量で決まります。アルギニンが血管拡張作用のある一酸化窒素を産生し、血流を促進することで海綿体への血流量が増え、勃起力が向上します。

また精液や精子の主たる構成成分でもあり、精子の約8割はアルギニンでできています。精力が低下する要因の1つには、精液や精子量の減少も関係しているので、アルギニンを積極的に摂ることで、精力増強効果も期待できます

精子・精液量アップ

精子射精

アルギニンには、非アミノ酸と呼ばれる、人間の体内では生成できない成分に変換されるという性質があり、摂取自体にメリットがあります。

また、男性の精液や精子の量を増加させるだけでなく、質そのものも向上させることができます。さらに、成長ホルモン分泌の促進作用もあるので、摂取することでいろんな効果があります。

筋トレ効率アップ(筋肉増強)

筋トレ効率アップ(筋肉増強)

アルギニンは、筋トレで使うサプリメントやプロテインにも必ずといっていいほど含まれており、アミノ酸の吸収効率をアップする効果があります。

人体は1日に栄養吸収できる量に上限があり、全体重の2割くらいしか吸収できません。

効果的に筋肉をつけるには、アミノ酸の吸収率をアップさせることが不可欠ですが、アルギニンによって通常に比べてアミノ酸吸収率を4割以上にまで高めることが可能になるのです。

またアルギニンには脂肪を分解する効果もあるので、体を絞ることができるためダイエットにも効果があります。

アルギニンのその他の効果・効能

すぐれた血流改善作用があるため、その他の健康・美容面でも広範な効果が期待できます。

  • 疲労回復の効果
  • ダイエットや肥満予防
  • 妊活や不妊治療
  • (子供の)身長を伸ばす
  • がん予防など免疫力向上
  • 動脈硬化の予防改善

シトルリンとアルギニンの密接な関係を紐解く

シトルリン&アルギニン 似てるけどどう違うの?

シトルリンとアルギニンは、密接に影響しあう関係ですが、元々は全然異なる成分です。アルギニンは体内で産生され、かつ身体を組織するアミノ酸の1種です。

他方、シトルリンもアミノ酸の1種という点では同じですが、身体の組織の一部とはなりません。

シトルリンとアルギニン、どちらが身体により必要な成分かといえば、アルギニンということになるでしょう。

ただ、単にアルギニンだけを摂るよりも、シトルリンを摂って体内でアルギニンに変換した方が身体への吸収効率が高く、より効果的にアルギニンを摂り入れることができるので、どちらが優れているということはないのです。

アルギニンを効率よく作用させるにはシトルリンが必要ですし、シトルリンだけを摂ってもアルギニンのメリットが生かされません。

あくまで、アルギニンとシトルリンの2つを一緒に摂ることが大切なのです。

シトルリン&アルギニン 相乗効果の関係!

シトルリンとアルギニンは異なる性質を持ちますが、体内で変換されながら互いに作用しています。シトルリンはアルギニンに変えられ、アルギニンが再びシトルリンに変換されます。

このアルギニンがシトルリンに変換されるプロセスで、血管拡張作用のある一酸化窒素が産生されます。

一酸化窒素は、勃起にとって不可欠な物質なので、アルギニンとシトルリンが勃起力向上や精力増強に必要な成分であるという根拠となります。

さらに、たんぱく質分解のプロセスで生成される、身体に有害なアンモニアを分解するためのオルニチン回路では、アルギニンがオルニチンと尿素に分解され、そのプロセスでまたシトルリンが産生されます。

このように、

アンモニアをスムーズに体外に排出するためには、シトルリンとアルギニンの相互作用はとても重要なのです。

シトルリンの適正摂取量・副作用・多く含む食べ物

まずはシトルリンについて解説します。

シトルリンの適正摂取量はどれくらい?

シトルリンの1日の摂取量は800mgが目安です。この量を続けて摂ることによって、徐々にシトルリンの効果が実感できるようになります。

基本的に、シトルリンには摂取量に上限はありませんが、基準以上に摂っても大きな効果が期待できるわけではありません

人間の身体が1日に吸収できる摂取量には上限があるので、一度に大量に摂ったとしても、そのまま尿とともに排出されてしまうだけです。

また、過剰摂取によって不調を感じることがあります。「昨日はシトルリンを摂らなかったけど、今日1600mg摂れば挽回できるよね」というのは間違っています。

毎日800mg、継続的に摂ることが大切なのです。

参考文献:協和発酵バイオ

シトルリンの副作用はある?

シトルリン副作用

シトルリンの副作用はほとんどないとされていますが、「8,000mgのシトルリンを摂取した所、被験者の14.63%が腹痛を感じた」というデータがあるので、過剰摂取には注意が必要です。

また、シトルリンを過剰摂取すると血管拡張作用によって、頭痛の症状があらわれることもあります。

一度に大量に摂っても、飛躍的に効果が実感できるものではないので、規定の量を守って摂取しましょう。

シトルリン摂取で注意しておきたいこと

シトルリンはサプリメントに配合されることが認められた成分で、原則として誰でも摂れる成分です。ただし、次のような人は要注意

  • シトルリン血症の人
  • 降圧剤を服用している人
  • 妊娠中、妊娠の可能性がある人
  • その他、常用剤がある人

シトルリン血症とは、血中のシトルリンやアンモニアの濃度が高くなる疾病で、シトルリンを摂ってしまうと意識不明など重篤な症状に陥るおそれがあります。

だから、この症状を持つ人は

絶対に飲まないようにしてください。また、シトルリンには血管拡張作用があり、高血圧治療のための降圧剤の効能を必要以上に高めてしまうので、摂取は控えましょう。

シトルリンを多く含む食べ物

シトルリンは、スイカのほか、メロン、冬瓜、キュウリ、ニガウリ、ヘチマなどのウリ科の植物に豊富に含まれています。

次の表は、食品100gあたりのシトルリンの含有量をまとめたものです。

食品名

含有量

(100gあたり)

スイカ

180mg

メロン

50mg

冬瓜

18mg

キュウリ

9.6mg

ニガウリ

16mg

ヘチマ

57mg

クコの実

34mg

ニンニク

3.9mg

出典:公益社団法人日本生化学会

シトルリンの摂取量は1日800mgが目安。

これを食べ物だけでカバーしようと思うと、スイカ1/7個、メロン1.3個、冬瓜3.8個、キュウリ56.5本というように、非現実的な量を摂取しなければなりません。

しかも、この量はシトルリンを800㎎含む食材の量です。
たとえば、スイカ1/7個に約800㎎のシトルリンが含まれているというだけで、スイカを1/7個食べたからといって、シトルリンが800㎎摂取できるわけではありません。
一般的に食材の吸収率は3割程度なので、実際には3倍以上の量を食べる必要があります。

そのため、シトルリンを継続的に推奨推奨量分だけ摂り続けたいなら、サプリメントを飲むのがオススメです。

アルギニンの適正摂取量・副作用・多く含む食べ物

アルギニン効果

次にアルギニンについて説明しましょう。

アルギニンの適正摂取量はどれくらい?

アルギニンは、厚生労働省による「日本人の食事摂取基準」では、推奨摂取量は決められていませんが、医学的・栄養学的の面からのさまざまな報告により、1日に必要な摂取量は2,000mg~5,000mgとされています。

数字に幅があるのは、目的によって必要量が異なるためです。

健康維持には2,000mg~3,000mg、基礎代謝を高めたり疲労回復するためには4,000mg~5,000mgが必要です。また、体重によっても必要量に違いがあり、体重1kgあたり1日50mg程度必要であるとする説もあります。

もし

10,000mgを1度に摂ったとしても、副作用のリスクは少ないといわれていますが、期間や体調・体質次第によって副作用が起こることもあるので、過剰な摂取は控えた方が良いでしょう。

たとえ過剰に摂取しても効果が高まるわけではなく、余分な量は尿とともに排泄されるだけですから、お金だけかかって副作用のリスクだけが残るという結果になります。

アルギニンの摂取量は1日20,000mgが上限とされており、それを超える量を長期間に摂取し続けると、副作用が格段にあらわれやすくなります。

このため、

サプリメントで摂る場合は適正量を守って飲むことが大切です。

アルギニンの副作用はある?

アルギニンは、比較的安全性が高いといわれていますが、それでも過剰摂取にはリスクがあります。個人差はあるものの、1日20,000mg~30,000mgもの過剰摂取をし続けると、関節肥大や骨の奇形の症状があらわれることがあります。

また、肝機能障害や腎機能障害を持つ人が、一度に50,000mg以上のアルギニンを摂ってしまうと、死亡する可能性もあるので摂り過ぎには十分注意が必要です。

アルギニンを多く含む食品

アルギニンは、鶏肉・マグロ・海老・大豆製品・アーモンドやごまなどのナッツ類に豊富に含まれています。

次の表は、食品100gあたりのアルギニン含有量です。

食品名

含有量

(100gあたり)

ぶたゼラチン

7900mg

干し湯葉

4400mg

かつお節

4300mg

乾燥高野豆腐

4100mg

落花生

3200mg

ごま

2700mg

大豆(乾燥)

2700mg

くるみ

2200mg

アーモンド

2100mg

くるまえび

2000mg

しばえび

1700mg

油揚げ

1600mg

鶏むね肉皮なし

1500mg

しゃこ

1400mg

クロマグロ

1400mg

豚ロース

1300mg

牛ひき肉

1300mg

注意しておきたいのは、食品中のアルギニン量は吸収されやすい「遊離アミノ酸」の形ではなく、食品のたんぱく質を構成しているアルギニンの全体量となります。

つまり、アルギニンを食品で摂る場合、サプリメントで摂取するより、吸収効率が悪くなるのです。

アルギニンの、1日の必要量は2,000mg~5,000mgですが、これを食品だけで摂ろうとすると、かなりハードルが高くなります。アルギニンもシトルリンと同様、続けやすく吸収効率の良い、サプリメントで摂るのがオススメです。

「シトルリン」「アルギニン」はサプリメントで摂るのがラクチン&効率的!

シトルリン、アルギニンは、食べ物から摂ることが前提となりますが、効率的に摂るならサプリメントがオススメです。

シトルリンの摂取量は1日あたり800mgが目安とされていますが、これを食品だけで補おうとすると、毎日スイカ1/7個、キュウリ56.5本もの量を食べなければなりません。

また、アルギニンによる精力増強を目的としている人の場合、高い効果を実感するためには、1日9,000mg~20,000mgもの量が必要になります。

この量を、たとえば肉類だけで摂ろうとなると、1日に1.3kg以上も食べることに・・・。

これは、とても現実的ではありませんよね。その点、サプリメントなら1日数粒で、1日の必要量を手軽に摂ることができるので大変便利です。

飲むだけなので続けやすいだけでなく、スイカや肉を毎日大量に食べ続けるよりもはるかにコストを抑えられるのも、サプリメントの大きなメリットです。

アルギニン、シトルリンを効率的に摂って精力増強を目指すなら、サプリメントがベストといえるでしょう。

【まとめ】

ここまで紹介したことを、まとめてみましょう。シトルリンとアルギニンは、健康・美容に幅広く効能がありますが、中でも男性にウレシイ効果は次のようなものが挙げられます。

【シトルリンの効果・効能】

  • ペニス増大・勃起力向上
  • 精力増強
  • 筋トレ効率アップ(筋肉増強)

【アルギニンの効果・効能】

  • EDの予防改善
  • 勃起力向上・精力増強
  • 精子・精液量アップ
  • 筋トレ効率アップ(筋肉増強)

そして、シトルリンとアルギニンの摂取目安量を食べ物に換算すると次の通りになります。

シトルリンの摂取目安量:800mg/日
スイカ1/7個、メロン1.3個、冬瓜3.8個、キュウリ56.5本に相当
アルギニンの摂取目安量:2,000mg~5,000mg/日(健康維持目的)
アルギニンの摂取目安量:9,000mg~20,000mg/日(精力向上目的)
肉類で最大1.3kg以上に相当

シトルリンとアルギニンは、食事だけでカバーするのは非現実的ななめ、精力剤(サプリメント)で摂取するのがオススメです。しかし、どのサプリメントでも良いというわけではありません。

いくらシトルリン・アルギニン配合と書いてあっても、中身がスカスカの粗悪品が少なくないのです。

そこで、サイト管理人が数多くの精力剤の成分表記を徹底分析し、本当に効果が期待できるサプリメントを見つけ出しました。

その「最新調査結果」は以下の別記事にて解説しています。

精力剤選びを失敗したくない人は必見です。

 

⇒【最新】シトルリンアルギニンサプリ/効果比較ランキングはこちら!

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

シトルリンアルギニン

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

アクセスの多いコラムランキング

error: Content is protected !!