性力剤の服用の際に効果的な運動と血液の流れについて

精力減退の原因

現在、多くの男性が精力の減退について悩みを抱えています。「ED(Erectile Dysfunction)」と呼ばれる勃起不全や「インポテンツ」という用語も多くの人が知るようになり、巷でも頻繁に使われています。これらの精力の減退には、様々な原因が絡み合っています

最も重要なのは血液の巡りで、血液循環、血管拡張、肝臓の働きや血液中の老廃物の濃度など健康的な血液であれば、全身の健康も向上しますので、精力剤でも血液をサラサラにしたり、血行促進を促すシトルリンやアルギニンを多く摂取するよう推奨されます。

その原因は様々ですが、それぞれの原因を明確にし、具体的にアプローチしていくことが重要です。

なぜなら、どのような環境においても、自分ができることは必ずあるからです。自分が動けば変わる現実があっても、その努力をすることなく不満を募らせていては、現実は何も変わりません。

しかし、それは分かっていても、漠然とした不安や大きすぎる課題を前にすると、多くの人はその課題に取り組むことは困難だと感じてしまいます。そうならないために、まずその不安や困難さの原因を自分の中で明確にし、課題について自分が無理のない範囲で具体的にできることから始めていくことが大切です。

そうすることで、精力が減退している現状において、ただ不満や悩みを抱えているだけではなく、積極的に自分の課題について具体的に取り組んでいくことが可能になります。

この問題解決のプロセスは、行動療法と呼ばれています。10年ほど前から一般的に周知され始め、精神疾患をはじめとする疾病の予防や、治療からリハビリテーションに至るまで多くの場面で応用され、数々の成果が実証されています。

今回は、精力減退に重要な血液の流れに注目し、血液の流れを促進する効果的な運動について解説します。

精力と血液の流れが関係する理由

十分な勃起を妨げる原因

外傷や脊椎脊髄などの病気や、手術や放射線照射、薬剤などが原因として考えられます。なぜなら、勃起する際に関係している神経の血管によくない影響を及ぼしている可能性が考えられるからです。

勃起という現象は、ペニスの棒の部分にあたる組織「海綿体」というスポンジのような構造に、血液が十分に流れ込むことで起こります。血液を流れ込ませる酵素、血液をペニスから排出する酵素なども関係して勃起させます。

また、大きな要因の一つとして、ストレスの存在もあげられます。ストレスを感じていると、刺激を受けても大脳性中枢の興奮が得られないからです。このことも勃起を不十分にする原因になります。そして、生活習慣や加齢による原因からは、動脈硬化の影響による陰茎海綿体の血流の障害や、ホルモンバランスの乱れなどが挙げられます。

ストレスの軽減と血流の流れをよくすることは、精力の減退を食い止める役割を果たし、精力増進への鍵となります。シトルリンやアルギニンは、間接的に、また、部分的には直接、血管拡張を促進するため半ば強制的に血行を促進させます。

しかし、血液の流れを悪くする生活習慣と食生活を続けていれば、精力剤を飲んでもマイナスだった状態がプラスに少し近づくだけで、根本的解決はできません。生活改善なく、精力剤を飲むだけで勃起力を高めたり、精力を高めることはできないのです。

勃起のメカニズムと血流の関係

勃起は、性的なイメージや視覚、また、聴覚や触ったり触られたりする刺激により、大脳の性中枢が興奮し、それが脊髄を伝わって勃起神経に届きます。陰茎海綿体に流れ込む血液量は、陰茎の動脈の拡張により増加します。そして、陰茎海綿体に流れ込んだ血液は陰茎海綿体平滑筋が緩むことによって、逃げる場所を失います

これにより、十分な硬さを伴った勃起が完成します。

つまり、血液をたっぷり溜め込んだペニスの動脈によってペニスの静脈が圧迫され、海綿体の血液はそこに留まったままになるのです。
これがいわゆる勃起状態なのです。

流れ込む血液の量が多ければ有効に働きます。しかし、流れ込む血液の量が十分でないと、勃起の持続や、勃起してもペニスの硬度、また勃起自体にも十分な働きを得られなくなってしまいます。

このことから、血流の流れがスムーズであることは、ペニスの勃起にとても重要であることが分かります。

ペニスに流れ込む血液量が十分でないと、ペニスの静脈を圧迫する力が弱いために、ペニスの中に血液を溜め込んでおくことができなくなります。
それは、ペニスの静脈を十分に抑える力がないからです。
そのため、ペニスに溜まった血液は徐々に静脈から流れ出してしまい、勃起力の足りないペニスになってしまうのです。
これが勃起不全とか中折れと呼ばれる現象なのです。

性欲が湧くくらいの体調、精神状態、そして、しっかり勃起したくなる魅力的なパートナーの存在と、健康状態などすべてが揃わないと勃起はできないのです。男性が勃起するのは決して簡単な現象ではなく、若い時は栄養状態の良さや単なる若さで勃起できていただけなのです。

有酸素運動が有効な理由

有酸素運動が効果的

有酸素運動とは、継続して筋肉に軽めの負荷かける運動のことです。そのことにより、体内に蓄積されている脂肪をエネルギーとして消費します。運動することにより体が温まるので、筋肉の緊張はゆるみます。その結果、血液の流れもよくなります

有酸素運動をすると副交感神経が刺激されるため、気持ちが落ち着く働きをサポートします。このことからも、運動はストレスと血液の流れに効果的な働きをすることが分かります。

水泳やクラシックバレエ、意識的な筋トレやボルダリングなど、全身運動で、かつ、きちんと呼吸を大切にする運動ならばその効果は期待できます。スポーツヨガやピラティスなどの運動も効果は期待できますので環境が許す方は挑戦してみましょう。

有酸素運動とは、いわゆる「普通の運動」と思えば間違いありません。
どの運動でも同じような効果が得られるため、特にこの運動でなければいけないということはありません。
そのため、昔テニスをやっていた人なら、久しぶりにラケットを振るだけでも十分運動になります。
特に何も運動をしていない人であれば、軽くジョギングするところから始めてもいいのです。
特別ハードな運動をする必要はないので、軽く汗をかくくらいでも十分に効果があります。
ポイントは、長く継続して運動することです。
毎日でなくてもいいので、週3回程度体を動かすようにすれば徐々に体質が改善していきます。
これが結果的に勃起力増強につながるのです。

有酸素運動で分泌が促進される物質

血流を促進させる働きに加え、快楽を感じるエンドルフィンという物質の分泌を促します。そして、セロトニンやドーパミンといった気分を安定させたり、高めたりする成分の分泌も促進するため、精力増進に効果が期待できます。

このホルモン分泌は運動だけでなく、プライベートな時間をどのように過ごすかによっても変わってきます。仕事がきつすぎるとホルモン分泌は減りますが、ストレスが平均的なものだけで、家庭で個人の趣味や息抜きがきちんとできているようなら問題なくホルモンバランスも安定します。

また、有酸素運動は、アドレナリンの分泌にも効果が実証されています。日常的に有酸素運動を行うことで、アドレナリンの分泌を平均的に高いレベルで得ることが可能となります。

男性ホルモンの1つ「テストステロン」も運動を介して少し分泌されるようになります。筋肉を動かすとテストステロンは相関的に分泌されるようになるため、運動することのメリットは非常に多いです。

テストステロンは筋肉を動かすと分泌量が増えます。
そのため、小さい筋肉より大きな筋肉を動かす運動のほうが効果的です。
大きな筋肉とは、太腿の大腿四頭筋とかお尻の大臀筋、背中の背筋などです。
ジョギングすれば大腿四頭筋を大きく動かすので、それだけでもかなりの効果があるわけです。
テストステロンは男性機能と密接な関係があり、勃起力アップのカギを握るホルモンですから、分泌量が増えればおのずと勃起力も改善していきます。

ストレスホルモンに有効な理由

有酸素運動にはストレスを減らす働きがあることも分かっています。人はストレスを感じる時、体の中ではコルチゾールと呼ばれるストレスのホルモンが分泌されます。このコルチゾールが、免疫力を低下させたり、気持ちを不安にさせたりするなど、心と体によくない影響を及ぼします。

しかし、有酸素運動を行うことで、有酸素運動に見られるコルチゾールを分解する働きにより、体の中にあるストレスのホルモンを減らす効果を担ってくれます。

このため、

何となく疲労感が抜けなくて困っている方は、無理をしてでも運動するとストレスや疲労が大幅に軽減される可能性がありますので、筋肉痛にならない程度にジョギングなどの運動をして、ストレス解消をしてみてください。

想像以上に精力増強につながりますので、できればスクワットにも挑戦しましょう。

スクワットがおすすめの理由

血流をよくする運動のポイント

血液の流れを促進する有酸素運動にも様々なものがあります。その中で、特に下半身の運動に着目し、血液の流れをよくすることに注目し選択することが大切です。そうすることで、血液がペニスに流れる働きを促進してくれます。

さらに、ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれています。足の方まで流れた血液を、再度心臓まで送ってくれる役割を果たしています。また、下半身の筋肉が増えると、下半身における持続力も期待できます。このことからも、下半身の運動に注目し、ふくらはぎを使い、筋肉を増やす効果が期待できる運動を取り入れることが重要となります。

そこでおすすめなのがスクワットです。スクワットは無酸素運動のように感じられます。しかし、その強度を落として行うことで有酸素運動にもなります。

スクワットでは、太もも、ふくらはぎの両方をしっかり鍛えられる上に、ペニスの勃起力を高めるのに役立つPC筋も同時に鍛えられるのでメリットしかありません。少し間違った方法でもトレーニングになりますが、正しいスクワットを実践すればトレーニング効果は倍増します。

正しいスクワットの方法を理解する重要性

スクワットは、正しい方法で行わなければせっかくの努力も効果的に働きません。間違った方法で行うことにより、体を痛め健康を損なってしまう恐れがあります。そうならないためにも、正しいスクワットの方法を知り、重要なポイントに注意して行っていくことが大切です。

スクワットの正しいやり方

まず、足を肩幅に開きます。そして、両足の親指を少し外側に向けます。普段あまり運動していない人は腰に手を添えます。普段から運動をしている人は、頭の後頭部に手を添えましょう。

そして、背筋を伸ばした状態を維持し、お尻を後ろの方に突き出すような状態で、腰を下の方に下ろします。

床と太ももが平行になるところまで腰を下ろし、またゆっくり腰を上げ立ち上がります。この動作を10回繰り返すことを1セットとして、運動を始めたばかりで慣れないときには2セットを目安に行いましょう。

そして、少しずつスクワットに慣れてきたら、5セットくらいまで運動量を増やすことをおすすめします。このようにスクワットを行うと、インナーマッスルが鍛えられ、通常の筋肉トレーニングでは鍛えることのできない体の深いところにある筋肉にも有効に働きかけてくれます。

このインナーマッスルを鍛えると、太りにくい体になるとともに、血液の流れをよくしてくれるため、ペニスの勃起や勃起の持続にも、とてもよい影響を与えてくれます。このことからも、スクワットは精力の増進に有効であり効果的な方法といえます。

スクワットなど運動の注意点

先ほども述べたように、スクワットは正しい方法を用いて行わないと、体を痛め、効果的に働かない可能性があります。ですから、正しい方法で行うことが必要となります。体を痛めない正しい方法でスクワットを行い、効果を得ていくことがモチベーション維持にもつながります。

また、継続しないと効果は得られません。一度にたくさんやっても、毎日続けなければその効果を実感することはできません。肥満の人は、脂肪燃焼に時間がかかります。

そのため、筋肉が増進し、その効果を実感するには約半年くらいかかるといわれています。短期間で何とかしようとはせず、時間をかけて失ってしまった運動習慣を身につけるために、地道にスポーツに取り組むことが大切です。

スクワットの難点は、地味な運動のため、モチベーションが上がりにくいことです。
ひとりで黙々とスクワットを続けていると精神的に嫌になってきます。
こうなると途中で投げ出す人も出てくるので、そこをグッとこらえて続けることが大切です。
一番大切なのは運動を続けることです。
スクワットは確かに効果がありますが、どうしても続けられないなら、ジョギングに変えてみるのもひとつの方法です。
ジョギングなら外を走るので景色を見て楽しみながら続けられます。
一番大切なポイントは、運動をやめずに続けることです。

どうしてもスポーツしたくない方は、セクササイズに挑戦するのもありです。パートナーとセックスしながらトレーニングをするというもので、きちんと動き方さえ工夫すればセックスしながらでも筋力は男女ともにアップさせられます。

運動をする習慣がない人は、効果が実感できるまでに約半年かかることから、スクワットを継続して続けることが困難な場合があり、挫折してしまう人も多いのが現状ですが、効果が得られるのには少し時間がかかることを念頭に、無理のない範囲で毎日努力を続けることが大切です。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

SNSでもご購読できます。